HOME > その他 > STANDART MAGAZINE #19

スペシャルティコーヒーの文化を伝えるインディペンデントマガジン

STANDART MAGAZINE #19

STANDART MAGAZINE #19

おすすめ

2,090円(税込)

[190ポイント進呈]

残りわずか

数量
レビューを書く
POINT10%
  • ※ポイント10%還元 >ポイントについて
  • ※1冊まで送料一律200円(税別)
  • ※12時までの注文で当日出荷

PRODUCT INFO

窓、手袋、コーヒー

Standart Japan 第19号のキーワードは「くじ引き」、「バックパック」、「コーヒー」。生産国ウガンダの話やコーヒー抽出に使う水のアルカリ度に関するギークな記事から始まる19号。国内外の路上でコーヒーを振る舞うフリーコーヒーに取り組む西川 昌徳さんの物語は、コーヒーの懐の広さを感じずにはいられません。ヒップホップ愛溢れる書道家万美さんのインタビューからは、伝統と革新の間にある葛藤に、業界や立場は違えど境遇を重ねる人も多いはず。

ウガンダ

ロブスタの生産地として有名なウガンダの歴史と文化、それから全人口の4 分の1 を占めるコーヒー生産者の今を眺めます。

アルカリ度

水のアルカリ度がコーヒーに及ぼす影響やその測定方法、さらにはカフェにおけるコストとの関係について。

Meet Your Earth Rider

海外自転車旅の末に、街頭でコーヒーを無料で振る舞う「フリーコーヒー」に行き着いた西川 昌徳さんにその活動の原動力を伺いました。

最低賃金の目利き

何がおいしいは自分で判断できるのに、その正誤を決める目利きなど必要なのでしょうか? 事態はそこまで単純ではないようです。

※公式サイトより抜粋

STANDART JAPAN

Standartとは?

"Standartは誰もがおいしいコーヒーを楽しめる世の中になってほしいという願いからスタートしました。
アメリカのコーヒーニュースメディアSprudgeが毎年開催しているSprudge Awardでは、2017~2022年と6年連続でベスト・コーヒー・マガジン賞を受賞。多様で魅力溢れるコーヒーの世界を伝えるインディペンデント誌です。
選び抜かれた言葉と美しいデザインで、スペシャルティコーヒーの文化をお伝えします。
コーヒーをはじめとする各界のプロフェッショナルが綴る物語やエッセー、さらにはインタビューを毎号15篇掲載。
そのひとつひとつを読めば、コーヒーという窓を通じて世界を旅するような感覚を味わえます。"
https://www.standartmag.jp/より)

Standartには、毎号有名バリスタやロースター、生産者など、いまのスペシャルティコーヒー業界のトップランナーたちのインタビューをはじめ、コーヒーに関連するさまざまなエッセイ、論文の紹介など、多岐にわたる情報が詰め込まれています。
もちろん、抽出に関するアドバイスなど、ふだんのコーヒーライフに役立つ情報も網羅。
装丁の美しさや、アートワークのセンスも抜群。
スペシャルティコーヒーの世界でいまどんなことが注目されているのか、どんな問題が起きているのかを知るのに、最高の1冊ではないかと思います。



この商品を買った人はこんな商品も買ってます

STANDART MAGAZINE #10

1,595円(税込)

STANDART MAGAZINE #11

1,595円(税込)

STANDART MAGAZINE #12

1,595円(税込)

STANDART MAGAZINE #18

2,090円(税込)

STANDART MAGAZINE #17

2,090円(税込)