HOME > コーヒー豆 > Peru COE2020 #19(ペルー)/El Encanto(エル・エンカント)

COE入賞!クリーンカップと複雑さの同居した素晴らしい1杯をぜひ!

Peru COE2020 #19(ペルー)/El Encanto(エル・エンカント)

Peru COE2020 #19(ペルー)/El Encanto(エル・エンカント)

おすすめNEW!!
  • ポスト投函OK

100g1,296円(税込)

[120ポイント進呈]

挽目
グラム数

完売

レビューを書く
POINT10%
  • ※ポイント10%還元 >ポイントについて
  • ※コーヒー豆400gまで 送料一律200円(税別)
  • ※12時までの注文で当日出荷

※200g以上の購入で割引、買えば買うほどお得になります。
(数量は変えず、グラム数を変更してください。)

BEANS INFO

ロースター(焙煎士)コメント

少量入荷のため在庫わずかです!お見逃しなく!

ROAST 焙煎度

焙煎度

ポテンシャルの高さをそのまま活かすような浅煎り。

  

ACIDITY 酸味

酸味

アップル系の甘さを伴ったアシディティ。

FLAVOR フレーバー

フレーバー

グリーンアップルやクローブ、キャラメルのような風味。
シルクのような質感で、きび糖のような甘さが続きます。

オススメ抽出スタイル:フレンチプレス

素材の味を贅沢に引き出すフレンチプレスがおすすめ!

★フレンチプレス抽出レシピは こちら

フレンチプレス

ORIGIN INFO

COE入賞!クリーンカップと複雑さの同居した素晴らしい1杯をぜひ!

今回ご紹介のペルーのコーヒーは、COE(Cup of Excellence)2020において見事19位入賞を果たしたオークションロットです。
ペルーのCOEは、他の中南米諸国と比べてまだまだ注目度も低く、オークション価格もそれほど高騰することはありませんが、年々確実にクオリティが上がっていることは間違いありません。

ペルーという生産国は、地理的に非常におおきな起伏に富んだ地形と、そのほとんどが小規模生産者で農園が営まれているという点から、実にユニークなマイクロロットが数多く見つかってきている場所です。

今回のロットも、グリーンアップルを思わせる爽やかなアシディティの先に、クローブやキャラメルのような甘く濃厚な香りがある、非常に個性的なコーヒーです。
そのユニークな風味特性を活かすため、1ハゼから60秒以内という浅煎りで仕上げ、際立つ個性をそのまま引き出すような焙煎を心がけました。

Peru COE2020 #19(ペルー)/El Encanto(エル・エンカント)

今回のロットを届けてくれたのは、南北に長い形をしているペルー国土のほぼ中心に位置するフニン州サティポ県、エル・エンカント農園。
農園名にもなっているENCANTOとは、スペイン語で「魅力的」という意味です。
自然豊かな景観で、目にした瞬間にその魅力に惹きつけられるとして、このような名前が付けられました。

ここは標高1,630mの場所に位置し、1.5ヘクタールの総面積を持っています。
この土地は生産者であるヴァージリオの妻の家族が2013年に残してくれました。
この農園ではカトゥーラとブルボンを主に栽培しています。

Peru COE2020 #19(ペルー)/El Encanto(エル・エンカント)

コーヒーを大切に育て品質を向上させることは収入を上げることに繋がり、生活の質を上げる事にも繋がります。
ヴァージリオ氏は7年前からあまり知識のないコーヒーを植え始めましたが、継続的な学習の大切さ、植物を世話する難しさを学びました。
地道な努力を続けた結果、今ではCOE入賞を果たすまでになり、今後も素晴らしいコーヒーを作り続けてくれることを期待できる農園です。

【生産者】ヴァージリオ・ディグノ
【農園】エル・エンカント
【地域】サティポ県フニン州
【標高】1,630m
【品種】カトゥーラ、ブルボン
【生産処理】ウォッシュド