HOME > コーヒー豆 > Rwanda(ルワンダ)/Simbi(シンビ)

ルワンダ・ウォッシュドの代名詞!ジューシーな果実味をお楽しみください!

Rwanda(ルワンダ)/Simbi(シンビ)

Rwanda(ルワンダ)/Simbi(シンビ)

おすすめ
  • ポスト投函OK

100g918円(税込)

[85ポイント進呈]

【販売期間:5月31日12時0分〜】

挽目
グラム数
数量
レビューを書く
POINT10%
  • ※ポイント10%還元 >ポイントについて
  • ※コーヒー豆400gまで 送料一律200円(税別)
  • ※12時までの注文で当日出荷

※200g以上の購入で割引、買えば買うほどお得になります。
(数量は変えず、グラム数を変更してください。)

BEANS INFO

ロースター(焙煎士)コメント

クリーン・ブライト・スウィートと、三拍子そろった素晴らしいコーヒーです!

ROAST 焙煎度

焙煎度

フレッシュな果実感が味わえる浅煎り後半。

  

ACIDITY 酸味

酸味

シトラスやアップルのような爽やかなアシディティがあります。

FLAVOR フレーバー

フレーバー

マンダリンオレンジやグリーンアップル、キャラメルのような風味。
ラウンドな質感で、チョコレートのような甘さが長く続きます。

オススメ抽出スタイル:フレンチプレス

高品質なポテンシャルをそのまま引き出すフレンチプレスがおすすめ!

★フレンチプレス抽出レシピは こちら

フレンチプレス

ORIGIN INFO

ルワンダ・ウォッシュドの代名詞!ジューシーな果実味をお楽しみください!

『Les Milles Collines=千の丘の国』と呼ばれるルワンダは、緑が多く、なだらかな丘陵が地平線の向こうまで続いています。
この美しい丘の国・ルワンダでは、1,500m〜2,000mの高原でコーヒー栽培が盛んに行われております。

Rwanda(ルワンダ)/Simbi(シンビ)

今回ご紹介のシンビ・コーヒーウォッシングステーション(CWS)は2013年に運営が始まった比較的新しいウォッシングステーションです。

同CWSはルワンダ南部、Huye(フエと)いうエリアに位置しており、企業家でコーヒー栽培を行っているアブドゥル・ルダフングワ氏が個人で所有しています。
氏がCWSの運営を本格的に始めた2013年当時、COEの開催などをきっかけに、ルワンダ産コーヒーの品質が世界中に認知され、政府の支援プログラムの下で増産のプロジェクトが動いていました。
そうした時勢の中、コーヒーを処理するウォッシングステーションが必要になる事から、アブドゥル氏はマラバ周辺エリアのコーヒーの特性や品質を活かすことができ、わざわざ農園から遠く離れた場所にチェリーを運ばずに済むように、2011年からシンビ・CWS設立に動き出します。

シンビCWSで生産処理がされるコーヒーは、世界中に最高品質のフリーウォッシュドコーヒーをもたらす事を掲げ、収穫地から近い立地の優位性と共に、マラバを中心とした標高1760m前後の生産環境のコンディションが近しい周辺エリアから収穫する事で、より高品質で安定したスペシャルティコーヒーを生産しています。
また、生産処理のプロセスにおいても同様に、収穫されたチェリーの品質を最大限に活かしきれるように、発酵や選別、乾燥といった工程ごとに品質基準を設けて管理にあたっています。

こうしてシンビCWSは、地域の風味特性を最大限に引き出した、最高のフリーウォッシュドコーヒーを生み出し、COE受賞など多くの実績と高い評価を受けており、いまやルワンダを代表するCWSの一つと言えるでしょう。

Rwanda(ルワンダ)/Simbi(シンビ)

シンビCWSのコーヒーは例年安定した高い品質を誇りますが、今年のロットは特に甘さが素晴らしいと感じました。
マンダリンオレンジのようなフルーツの甘さや、キャラメル、さらにはミルクチョコレートと、ふくよかな甘さを重層的に感じることができます。
シトラスのような明るい酸味、透明感のあるクリーンカップも素晴らしく、高品質なスペシャルティコーヒーに必要な要素をもれなく兼ね備えていると思います。
暖かいを通りこして、むしろ暑いとすら感じる日も増えてきた今の季節に、ぴったりのコーヒーだと思います。どうぞお楽しみください!

【生産者】アブドゥル・ルダフングワ
【CWS】シンビ
【地域】フエ南部
【標高】1,800m
【品種】ブルボン
【生産処理】フリーウォッシュド

この商品を買った人はこんな商品も買ってます