HOME > コーヒー豆 > Ethiopia(エチオピア)/Foge Washed(フォゲ・ウォッシュド)

紅茶のような透明感!クリーンで爽やかなウォッシュドプロセスです!

Ethiopia(エチオピア)/Foge Washed(フォゲ・ウォッシュド)

Ethiopia(エチオピア)/Foge Washed(フォゲ・ウォッシュド)

おすすめ
  • ポスト投函OK

100g850円(税抜)

[85ポイント進呈]

【販売期間:5月7日12時0分〜】

挽目
グラム数
数量
レビューを書く
POINT10%
  • ※ポイント10%還元 >ポイントについて
  • ※コーヒー豆400gまで 送料一律200円(税別)
  • ※12時までの注文で当日出荷

※200g以上の購入で割引、買えば買うほどお得になります。
(数量は変えず、グラム数を変更してください。)

BEANS INFO

ロースター(焙煎士)コメント

まさにエチオピアらしい透明感のあるフレーバーが楽しめるオリジンです!

ROAST 焙煎度

焙煎度

紅茶のような爽やかさが引き立つ浅煎り後半。

  

ACIDITY 酸味

酸味

シトラス系の瑞々しいアシディティ。

FLAVOR フレーバー

フレーバー

ベルガモットティー、シトラスピール、ブラウンシュガーのような風味。
爽やかな質感で、冷めるにつれて蜂蜜のような甘さがあります。

オススメ抽出スタイル:エアロプレス

すっきりとした印象がより活きるエアロプレスがおすすめ。

★エアロプレス抽出レシピは こちら

エアロプレス

ORIGIN INFO

紅茶のような透明感!クリーンで爽やかなウォッシュドプロセスです!

Ethiopia(エチオピア)/Foge Washed(フォゲ・ウォッシュド)

フォゲ・ウォッシングステーション(以下フォゲWS)は、カンケティファミリーのFikadu Abayneh氏が管理しています。
カンケティファミリーは、イルガチェフェとアバヤで4箇所のウォッシングステーションと直営農園を所有し、イルガチェフェに拠点を置くファミリーです。
もともと彼の父が30年前にコーヒー農園を始め、息子であるFikadu氏にコーヒー栽培などのノウハウを教えたことが始まりで、約373.8ヘクタールの農地でコーヒーを栽培しています。

Ethiopia(エチオピア)/Foge Washed(フォゲ・ウォッシュド)

418人の契約農家と密接に協力しながら、2018年には有機栽培の認証を取得しています。
コミュニティの支援にも積極的で、精製に使用する綺麗な水を得るために村に井戸を掘ったり、舗装道路の整備、近接農家へのトレーニングなど、様々な取り組みを行っています。

Ethiopia(エチオピア)/Foge Washed(フォゲ・ウォッシュド)

また、2020年には首都のアディスアベバに倉庫を設立させ、効率化とコストダウン、リスク低減を実現させました。
今後もカラーソーターやドライミルの購入も予定しているなど、とても上昇志向の強い農園主です。

フォゲWSが位置するアバヤ地区は、エチオピアの良質な生産地として有名なイルガチェフェ周辺のエリアのことを指します。
もともとこの地区のコーヒーはイルガチェフェやグジのコーヒーとして取引されていましたが、近年の品質向上とトレーサビリティの確保に伴い、産地や生産者が明確にわかるようになりました。

Ethiopia(エチオピア)/Foge Washed(フォゲ・ウォッシュド)

フォゲWSは2008年に設立され、アバヤ地区にあるFoge村やHauras Waro村の小規模農家がチェリーを持ち込んでいます。
持ち込まれたチェリーはハンドピックされ、丁寧な精製処理・乾燥工程を経て、アディスアベバにある倉庫へと輸送されます。

2019年にも取り扱いしたフォゲWSですが、今回のロットは特に透明感のあるクリーンカップと、冷めてからより引き立つ蜂蜜のような甘さが印象的でした。
シトラス系のアシディティとアロマ、紅茶のようなフレーバーも相まって、まるでベルガモットティーのような印象があります。
春らしく、爽やかなコーヒーに仕上がっていますので、ホットコーヒーではもちろん、暖かくなってきた日にはアイスでもお楽しみいただけます!

【運営主】Fikadu Abayneh
【精製場】フォゲ・ウォッシングステーション
【地域】オロミア州ボレナゾーン、アバヤ地区
【標高】1,800〜1,850m
【品種】在来品種(74110、74112)
【生産処理】ウォッシュド