HOME > コーヒー豆 > Rwanda(ルワンダ)/Mbilima 0205(ミビリマ・0205)

フルーツの風味はじける、ルワンダ・マイクロロット!

Rwanda(ルワンダ)/Mbilima 0205(ミビリマ・0205)

Rwanda(ルワンダ)/Mbilima 0205(ミビリマ・0205)

おすすめ
  • ポスト投函OK

100g850円(税抜)

[85ポイント進呈]

挽目
グラム数
数量
レビューを書く
POINT10%
  • ※ポイント10%還元 >ポイントについて
  • ※コーヒー豆400gまで 送料一律200円(税別)
  • ※12時までの注文で当日出荷

※200g以上の購入で割引、買えば買うほどお得になります。
(数量は変えず、グラム数を変更してください。)

BEANS INFO

ロースター(焙煎士)コメント

ルワンダらしいグリーンアップルのようなフレーバーが印象的なコーヒーです。

ROAST 焙煎度

焙煎度

フルーティなフレーバーが活きる中煎り前半。

  

ACIDITY 酸味

酸味

シトラスやアップルのような爽やかなアシディティがあります。

FLAVOR フレーバー

フレーバー

グリーンアップルやベリー、熟したレモンのような風味。
滑らかな質感で、チョコレートのような甘さがあります。

オススメ抽出スタイル:エアロプレス

液体に粘性の出る抽出で、ふくよかな甘さがより際立ちます!

★エアロプレス抽出レシピは こちら

エアロプレス

ORIGIN INFO

フルーツの風味はじける、ルワンダ・マイクロロット!

Rwanda(ルワンダ)/Mbilima 0205(ミビリマ・0205)

今回お届けのルワンダ/ミビリマは、北部ガケンケ地区に位置するデュクンデカワ・ムササ協同組合に属するウォッシングステーションです。

Rwanda(ルワンダ)/Mbilima 0205(ミビリマ・0205)

デュクンデカワ・ムササ共同組合は2000年に創立、約300名の農民により生産が始まり、そのうち約20%を女性が占めます。
組合には3基のウォッシングステーションがあり、ミビリマはそのうちの一つで、ミビリマ・セルにあります。
(セルとはルワンダ国内の行政単位のひとつ。村や集落のような1,000人程度の規模の地域を指します)

Rwanda(ルワンダ)/Mbilima 0205(ミビリマ・0205)

ミビリマ・ウォッシングステーションは2007年に稼働開始。
616の小規模農家から運ばれたチェリーよりコーヒー豆を精製しています。
72ヘクタールの土地で生産されるチェリーは、オーガニック国際認証を複数受けています。

Rwanda(ルワンダ)/Mbilima 0205(ミビリマ・0205)

周囲の農園の標高は約1,800〜2,100m、ウォッシングステーションは約2,200mと非常に高い標高を誇ります。
豆の選別はアフリカンテーブルの上で実施、パーチメントは約24日間、天日で干されます。

Rwanda(ルワンダ)/Mbilima 0205(ミビリマ・0205)

ミビリマのあるムササ地区は、かつてのMibambwe国王の住居跡にあり、毎年一度農民は次のシーズンに備え、国王にコーヒーの種を捧げます。
それにより人々はかつての王国の力と勇気を与えられると信じられています。

国王は遠い昔に去りましたが、ムササ地区の農民はデュクンデカワ協同組合としてムササ地区に集まり、情熱をもって最高のコーヒー豆の生産を目指し続けてきています。
また、デュクンデカワ協同組合は組合員の高度な生活水準を確保し、経済面、環境面でも、サステイナブルなコーヒー産業を実現してきています。

2005年にフェアートレード認証取得以来、2010年にはルワンダCOEで第2位を受賞。
ブルボンコーヒーの最高品質を提供するために、農家はチェリーの生産に最善の配慮をし、CWSでは手選別、洗浄、発酵、グレード分け、選別、乾燥、各工程において最高の作業・品質管理を行っています。

Rwanda(ルワンダ)/Mbilima 0205(ミビリマ・0205)

ミビリマの特徴の一つは、収穫された日にちごとのロット分け。
オリジン名の『0205』は、5月2日に収穫されたもの、という意味です。
サンプルを取り寄せたときに、同じミビリマの『0204』というロットもありましたが、よりふくよかな甘さのある方を選びました。

ルワンダらしい瑞々しいアシディティとフルーティな甘さを、ぜひお楽しみください!

【農園】ミビリマCWS
【地域】ガケンケ
【標高】1,800~2,200m
【品種】ブルボン
【生産処理】フリーウォッシュド

この商品を買った人はこんな商品も買ってます