HOME > コーヒー豆 > Honduras(ホンジュラス)/Los Pinos Typica(ロス・ピノス・ティピカ)

まさにトップオブトップ!ジャスミン・フレーバー香る、"ティピカ・オルランド"!

Honduras(ホンジュラス)/Los Pinos Typica(ロス・ピノス・ティピカ)

Honduras(ホンジュラス)/Los Pinos Typica(ロス・ピノス・ティピカ)

おすすめNEW!!
  • ポスト投函OK

100g2,000円(税抜)

[200ポイント進呈]

挽目
グラム数
数量
レビューを書く
POINT10%
  • ※ポイント10%還元 >ポイントについて
  • ※コーヒー豆400gまで 送料一律200円(税別)
  • ※12時までの注文で当日出荷

※200g以上の購入で割引、買えば買うほどお得になります。
(数量は変えず、グラム数を変更してください。)

BEANS INFO

ロースター(焙煎士)コメント

一口で素晴らしい品質とわかる、まさに世界最高峰のコーヒーです。

ROAST 焙煎度

焙煎度

ジャスミンのようなフレーバーが引き立つ浅煎り後半。

  

ACIDITY 酸味

酸味

シトラスやグリーンアップルのような鮮やかなアシディティ。

FLAVOR フレーバー

フレーバー

ジャスミンやマイヤーレモン、キャラメルのような風味。
シルクのような質感で、上白糖のような甘さが長く続きます。

オススメ抽出スタイル:フレンチプレス

高いポテンシャルを余すところなく抽出できるフレンチプレスがオススメ!

★フレンチプレス抽出レシピは こちら

フレンチプレス

ORIGIN INFO

まさにトップオブトップ!ジャスミン・フレーバー香る、"ティピカ・オルランド"!

Honduras(ホンジュラス)/Los Pinos Typica(ロス・ピノス・ティピカ)

農園主のオルランド・カルバハル氏は、コーヒーを大量生産して生計を立てるプランを思い描き、開業資金を得るため、アメリカへ2年間出稼ぎに行きました。
その後、コーヒー生産者になりたいという子供の頃からの夢を叶えるため、最愛の妻と共にコーヒー栽培を始めました。
月日が経つにつれて多くの農園を所有し、様々な栽培品種を持つようになり、量から質に目を向けて試行錯誤を繰り返すようになりました。
その結果、2018年のCup of Excellenceにおいて、2位を受賞することが出来ました。

Honduras(ホンジュラス)/Los Pinos Typica(ロス・ピノス・ティピカ)

2019年の審査会より、インターネットオークションに掛けられるコーヒーは、87ポイント以上に格上げされ、ホンジュラスでは30ロットが2019年のカップ・オブ・エクセレンスに選出されました。

Honduras(ホンジュラス)/Los Pinos Typica(ロス・ピノス・ティピカ)

ロス・ピノス農園では、収穫時に2つのバッグを担ぎ、1つには完熟果実、もう一つには未成熟果実と過熟果実を摘み取り、部分的に剪定しています。
パルピングは収穫日と同日に行われ、ドライファーメンテーションを経て、クリーンな水を用いて水洗処理が施されます。

オルランド氏は、以下の5つに取り組んだことがCOE入賞に繋がったと考えています。

1.苗床を作るために土壌を消毒し殺菌した。
2.土壌の酸性度(pH)をバランスよく保つために、石灰を撒いた。
3.土壌を肥沃にするため肥料を施し、葉面散布した。
4.シェードツリーを調整した。
5.収穫したチェリーが発酵しないよう、毎日パルピングを行った。

こちらのロットは、2020年始め、THE COFFEESHOPスタッフが現地に赴いて直接買い付けを行ってきたロットのうちの一つ。
今回のロットはティピカ種という品種の単独ロットになります。
このティピカ種は、アラビカ原種に最も近いとされる品種で、まるでジャスミンのような華やかなフレーバーと絹の様に滑らかな質感をもっています。

近年、最高級品として広く知られるようになった品種にはゲイシャ種がありますが、ティピカ種はそのゲイシャ種と並び評されることも多い世界でも有数の品種のひとつです。
その鮮やかなフレーバーの代わりに、収量が非常に少なく、病害虫に弱いうえ、木も高く育ってしまい収穫が難しいという、栽培がとても難しい特徴も持っています。
そのため、耐性が強く収量も多い他の品種への植え替えが進み、現在ではティピカ種を謳ったコーヒーは全体の0.01%とも言われています。
(なかにはティピカ種の希少性から、それに似た特徴の別のコーヒーをティピカとして流通させることも、あるとか無いとか…)

Honduras(ホンジュラス)/Los Pinos Typica(ロス・ピノス・ティピカ)

そんななか、ロス・ピノス農園のティピカは、ただえさえ世界でも数少ないティピカ種ロットのうち、より現生種に近く、純度の高いティピカであると考えられています。
その理由は、ティピカ種の特徴である収量の低さや樹高の高さ、チェリーの実り方が、はっきりと現れていることはもちろんですが、なによりもその優れたカップクオリティにあります。

今回の現地買い付けでのカッピングでは、THE COFFEESHOPスタッフはもちろんのこと、国際審査員も務める他のカッパー含め、参加者全員が90点以上のスコアをつけています。

ロス・ピノス農園のティピカは、農園主のオルランド・カルバハル氏の名前をとり、バイヤー達からは【Typica Orlando(ティピカ・オルランド)】とも呼ばれています。

2020年のホンジュラスCOEは、新型コロナの影響により残念ながら中止となってしまいましたが、開催されていれば上位入賞は間違いないロットです。
ぜひゆっくりお楽しみください!

【生産者】オルランド・カルバハル
【農園】ロス・ピノス
【地域】レンピラ県 サンアンドレス, カオナ
【標高】1,600〜1,800m
【品種】ティピカ
【生産処理】ハニー