HOME > コーヒー豆 > Nicaragua(ニカラグア)/COE2020 #8 Turriabla(チュリアブラ)

最先端のハイブリット種、品評会上位入賞ロット!

Nicaragua(ニカラグア)/COE2020 #8 Turriabla(チュリアブラ)

Nicaragua(ニカラグア)/COE2020 #8 Turriabla(チュリアブラ)

おすすめNEW!!
  • ポスト投函OK

100g1,450円(税抜)

[145ポイント進呈]

挽目
グラム数

完売

レビューを書く
POINT10%
  • ※ポイント10%還元 >ポイントについて
  • ※コーヒー豆400gまで 送料一律200円(税別)
  • ※12時までの注文で当日出荷

※200g以上の購入で割引、買えば買うほどお得になります。
(数量は変えず、グラム数を変更してください。)

BEANS INFO

ロースター(焙煎士)コメント

フローラルなフレーバー香る、さすがCOE上位入賞ロットです!

ROAST 焙煎度

焙煎度

ローズヒップのような華やかさが活きる、浅煎り後半。

  

ACIDITY 酸味

酸味

アップルやストーンフルーツのような、爽やかで甘さの伴ったアシディティ。

FLAVOR フレーバー

フレーバー

ローズヒップ、ブラックチェリー、オレンジゼストのような風味。
滑らかな質感で、キャンディのような甘さがあります。

オススメ抽出スタイル:フレンチプレス

素材の風味を余すところなく抽出できるフレンチプレスがおすすめ!

★フレンチプレス抽出レシピは こちら

フレンチプレス

ORIGIN INFO

最先端のハイブリット種、品評会上位入賞ロット!

マカリオ・アレハンドリノ・メディナ・ロドリゲスが所有するチュリアブラ農園は、ニカラグア北部ヌエバセゴビアにあり、標高1,100mの高さにあります。

彼は1956年に父から農園を受け継ぎ、現在では主にカトゥーラとパライネマを植えています。
しっかりと熟したそのコーヒーは、とても良いカップになります。
収穫とパルピング、乾燥は全て同じ日に行われ、乾燥はコンクリートの上、または専用の台の上で行われます。

チュリアブラ農園は、彼と彼の家族がコーヒー栽培の為に伝統を守ってきた遺産であることを示す、素晴らしいコーヒーを生産する農園です。

今回ご紹介するのは、"パライネマ"という品種のロットです。
あまり聞き馴染みのないこの名前、もともとはホンジュラス生まれのハイブリット種で、カトゥーラ種の変異であるヴィジャサルチと、ティモール・ハイブリッドCIFC832/2との交配で作られた、人工的な品種です。

コーヒーにおけるハイブリッド種とは、アラビカ種とカネフォラ(ロブスタ)種を人工的に交配させたものを指します。
風味が良い代わりに病虫害に弱いアラビカ種と、耐性が強い代わりに風味に劣るカネフォラ種、これらを人工的に掛け合わせることで、その両方の良いところを引き継がせよう、ということですね。

日進月歩で研究が進むハイブリッド種ですが、このパライネマ種は2017年、ホンジュラスCOEで1位を獲得し、俄然注目度の高い品種です。

今回のロットも、ローズのようなフローラル・フレーバーがあり、純粋なアラビカ種にも引けを取らない華やかさが印象的です。
今後さらに広がりを見せるであろうハイブリッド種、ぜひお楽しみください!

【生産者】マカリオ・アレハンドリノ・メディナ・ロドリゲス
【農園】チュリアブラ
【地域】ヌエバ・セゴビア
【標高】1,100m
【品種】パライネマ
【生産処理】ウォッシュド