HOME > コーヒー豆 > Guatemala(グアテマラ)/COE2019 #17 Las Rosas(ラス・ロサス)

グアテマラが誇る名産地より、ゲイシャ種のオークションロット!

Guatemala(グアテマラ)/COE2019 #17 Las Rosas(ラス・ロサス)

Guatemala(グアテマラ)/COE2019 #17 Las Rosas(ラス・ロサス)

おすすめNEW!!
  • ポスト投函OK

100g1,500円(税抜)

[150ポイント進呈]

挽目
グラム数

申し訳ございません。
人気商品につき、商品は完売いたしました。

レビューを書く
POINT10%
  • ※ポイント10%還元 >ポイントについて
  • ※コーヒー豆400gまで 送料一律200円(税別)
  • ※12時までの注文で当日出荷

※200g以上の購入で割引、買えば買うほどお得になります。
(数量は変えず、グラム数を変更してください。)

BEANS INFO

ロースター(焙煎士)コメント

酸味、甘さ、質感のバランスが高いレベルで整った素晴らしいコーヒーです!

ROAST 焙煎度

焙煎度

オークションロットのポテンシャルをそのまま引き出す浅煎り後半。

  

ACIDITY 酸味

酸味

オレンジのような甘さを伴ったアシディティ。

FLAVOR フレーバー

フレーバー

オレンジやチェリー、ミルクチョコレートのような風味。
クリーミィな質感で、キャンディのような甘さが長く続きます。

オススメ抽出スタイル:フレンチプレス

贅沢に素材の味をそのまま引き出す抽出がおすすめ!

★フレンチプレス抽出レシピは こちら

フレンチプレス

ORIGIN INFO

グアテマラが誇る名産地より、ゲイシャ種のオークションロット!

ラス・ロサス農園は、1920年にブルボンを植えたことからスタートし、今では4代目のローランド氏が農園を引き継いでいます。

農園名の「ロサス」とは「薔薇」という意味。
その名の通り、農園内には至るところに薔薇が植えられています。

現在ではティピカ、ブルボン、カトゥーラ、パカマラ、ゲイシャ、パチェが栽培され、ウォッシュド、ハニー、ナチュラルとさまざまな手法で精選しています。

今回、2019年COE入賞ロットとなったのはゲイシャ種ウォッシュドプロセス。
言わずと知れた最高級品種らしく、華やかで明るいフレーバーと酸が印象的です。

ゲイシャ種の栽培ではパナマが有名ですが、今回のロットはパナマゲイシャとはまた一味違った印象で、優しく丸みのある酸質が味わえます。
雑味のないクリーンな後味は、ひとえに清潔な環境と丁寧な仕事の賜物。
豊富な湧き水を使って行うウォッシュドプロセスはまさにロス・ロサス農園の真骨頂と言えるコーヒーです。

【生産者】Rolando Belarmino
【農園】ラス・ロサス
【地域】サンペドロ・ネクタ、ウエウエテナンゴ
【標高】1,300m〜1,450m
【品種】ゲイシャ
【生産処理】ウォッシュド