HOME > 商品一覧 > STANDART MAGAZINE #16

スペシャルティコーヒーの文化を伝えるインディペンデントマガジン

STANDART MAGAZINE #16

STANDART MAGAZINE #16

おすすめ

2,090円(税込)

[190ポイント進呈]

数量
レビューを書く
POINT10%
  • ※ポイント10%還元 >ポイントについて
  • ※1冊まで送料一律200円(税別)
  • ※12時までの注文で当日出荷

PRODUCT INFO

台風、スコーン、コーヒー

Standart Japan 第16号のキーワードは「台風」「スコーン」「コーヒー」。私たちの母国日本でコーヒー栽培に挑戦する人々の物語や「コピ・ルアク」の意外な真実、大阪府LiloCoffeeRoasters所属のアーティスト・セキネユカさんが抱えるモヤモヤ、Fuglen日本代表の小島賢治さんのこれまでの歩みについてなど、今号の中身を一足先に以下でご紹介します。

日本

毎号コーヒー生産国をご紹介するシリーズ記事の今回の舞台は日本。厳しい気候条件の下コーヒー栽培に取り組む人たちの姿からぼんやり見えてきた、消費文化の先にあるコーヒーづくりの可能性。

燃えさかる問い

珍しい(そして高級な)コーヒーの代表格として、コーヒー業界以外で働く人にも広く知られる「コピ・ルアク」。このジャコウネコのフンから取りだしたコーヒー豆に関する問いに答えながら、その価値や近年批判が高まっている生産環境に迫ります。

Meet Your Barista

「競技会とホスピタリティを通してコーヒー業界を再考する」をミッションに掲げるGlitter Cat のVeronica P. Grimm さんのインタビュー。従来の競技会が抱える問題や周縁化された人々のエンパワメントについてお話しました。

モダン・アロンジェ

コーヒーコンサルタントとして活躍し、焙煎や抽出などについて数々の著作を残してきたScott Rao さんが、個人的な疑問を検証するシリーズ記事。今回はエスプレッソの兄弟分にあたる「アロンジェ」について。

※公式サイトより抜粋

STANDART JAPAN

Standartとは?

"Standartは誰もがおいしいコーヒーを楽しめる世の中になってほしいという願いからスタートしました。
2017、2018、2019年と3年連続でベスト・コーヒー・マガジン賞を受賞したStandartは、多様で魅力溢れるコーヒーの世界を伝えるインディペンデント誌。
選び抜かれた言葉と美しいデザインで、スペシャルティコーヒーの文化をお伝えします。
コーヒーをはじめとする各界のプロフェッショナルが綴る物語やエッセー、さらにはインタビューを毎号15篇掲載。
そのひとつひとつを読めば、コーヒーという窓を通じて世界を旅するような感覚を味わえます。"
https://www.standartmag.jp/より)

Standartには、毎号有名バリスタやロースター、生産者など、いまのスペシャルティコーヒー業界のトップランナーたちのインタビューをはじめ、コーヒーに関連するさまざまなエッセイ、論文の紹介など、多岐にわたる情報が詰め込まれています。
もちろん、抽出に関するアドバイスなど、ふだんのコーヒーライフに役立つ情報も網羅。
装丁の美しさや、アートワークのセンスも抜群。
スペシャルティコーヒーの世界でいまどんなことが注目されているのか、どんな問題が起きているのかを知るのに、最高の1冊ではないかと思います。



この商品を買った人はこんな商品も買ってます

STANDART MAGAZINE #11

1,595円(税込)

STANDART MAGAZINE #12

1,595円(税込)