HOME > 商品一覧 > El Salvador(エルサルバドル)/COE2019#25 Las Ninfas(ラス・ニンファス)

パカマラの魅力が詰まったCOE受賞ナチュラルプロセス!

El Salvador(エルサルバドル)/COE2019#25 Las Ninfas(ラス・ニンファス)

El Salvador(エルサルバドル)/COE2019#25 Las Ninfas(ラス・ニンファス)

おすすめNEW!!
  • ポスト投函OK

100g1,400円(税抜)

[140ポイント進呈]

挽目
グラム数

申し訳ございません。
人気商品につき、商品は完売いたしました。

レビューを書く
POINT10%
  • ※ポイント10%還元 >ポイントについて
  • ※コーヒー豆400gまで 送料一律200円(税別)
  • ※12時までの注文で当日出荷

※200g以上の購入で割引、買えば買うほどお得になります。
(数量は変えず、グラム数を変更してください。)

BEANS INFO

ロースター(焙煎士)コメント

パカマラらしい複雑な風味とクリーミィな質感をお楽しみください!

ROAST 焙煎度

焙煎度

豆の高いポテンシャルを活かす中煎り前半。

  

ACIDITY 酸味

酸味

グレープ系の甘さを伴った酸味があります。

FLAVOR フレーバー

フレーバー

コンプレックスで、キャラメルやトロピカルフルーツ、バニラ、クランベリーのような風味。
クリーミィな質感で、フルーツジャムやキャラメルのような甘さが長く続きます。

オススメ抽出スタイル:フレンチプレス

クリーミィな質感を引き出すフレンチプレスがオススメ!

★フレンチプレス抽出レシピは こちら

フレンチプレス

ORIGIN INFO

パカマラの魅力が詰まったCOE受賞ナチュラルプロセス!

ラス・ニンファス農園は、エルサルバドル西部にそびえる国内最高峰の火山、イラマテペック山の近く、アパネカという町の斜面にあります。

この農場とその周辺は、フランシスコ・メネンデス・バルディヴィエソ元大統領が所有しており、エルサルバドルのコーヒー生産をリードしてきました。
1873年からコーヒーを生産しており、今では6代目が生産をしています。

今回入荷したのは、エルサルバドルが生んだ特別な品種、パカマラ種のロットです。

パカマラは、ブルボン種の突然変異種のパカスと、マラゴジッペをかけあわせた品種。

パカスは、ブルボン種がエルサルバドルで突然変異してできた品種で、コーヒーの木が小ぶりで、暑さに強く、日陰を作るために植えるシェードツリーが必要ないため、通常の品種よりもたくさん植えることができ、コーヒーの木1本あたりの収穫量も多い品種です。
また病虫害に強い品種でもあります。

一方、マラゴジッペは、コーヒー豆も大きく高品質ですが、収穫量が少なく、また樹高がアラビカ種の中でも一番高いため、収穫作業が難しい品種でした。

今回ご用意したパカマラ種は、これらの品種の良いところを併せ持つ品種として開発されました。
高品質で収穫量も多く、低木で収穫の作業もしやすいという特徴があります。

国土の小さいエルサルバドルで、土地が狭くてもできるだけ多くのコーヒーを生産しようとして考えられた結果、エルサルバドルの国立コーヒー研究所というところで開発されました。

その味わいは、ゲイシャにも似た素晴らしい香りをもっており、カップオブエクセレンスなどの品評会・オークションでも高い評価を得て、近年非常に注目を集めています。

今回入荷したロットも、パカマラらしい複雑な風味とクリーミィな質感が印象的なロットです。
黄桃やバニラ、ネクタリン、プルーンなど様々な甘さを温度変化とともに楽しめます。
トロッとした質感で、その芳醇な甘さがより際立ち、カップ一杯でとても満足感のあるコーヒーに仕上がっています。

近年の人気向上とともに、だんだんと手に入りづらくなっている貴重なパカマラ種。
ぜひごゆっくりお楽しみください!

【生産者】PAMON S.A. DE C.V.
【農園】ラス・ニンファス
【地域】アパネカ・イラマテペック山系
【標高】1,650~1,700m
【品種】パカマラ
【生産処理】ナチュラル