HOME > コーヒー豆 > Ethiopia(エチオピア)/NW'21 #3 Abdurahman HajiKabato(アブドゥラハマン・ハジカバド)

複雑に甘い、唯一無二のテロワール。エチオピアCOE'2021、ナショナルウィナー!

Ethiopia(エチオピア)/NW'21 #3 Abdurahman HajiKabato(アブドゥラハマン・ハジカバド)

Ethiopia(エチオピア)/NW'21 #3 Abdurahman HajiKabato(アブドゥラハマン・ハジカバド)

おすすめNEW!!
  • ポスト投函OK

100g1,512円(税込)

[140ポイント進呈]

挽目
グラム数
数量
レビューを書く

この商品の平均評価:おすすめ度(5.0) 5.00

POINT10%
  • ※ポイント10%還元 >ポイントについて
  • ※コーヒー豆400gまで 送料一律220円(税込)
  • ※12時までの注文で当日出荷

※200g以上の購入で割引、買えば買うほどお得になります。
(数量は変えず、グラム数を変更してください。)

BEANS INFO

ロースター(焙煎士)コメント

さまざまなカップコメントが浮かび上がるような、素晴らしい複雑さをもったコーヒーです。

ROAST 焙煎度

焙煎度

高いポテンシャルを最大限活かすような浅煎り。

  

ACIDITY 酸味

酸味

甘さを伴った綺麗なアシディティ。

FLAVOR フレーバー

フレーバー

コンプレックスで、ミックスベリーや桃のコンポート、ブラウンスパイスのような風味。
スムースな質感で、チョコレートやブラウンシュガーのような甘さが長く続きます。

オススメ抽出スタイル:フレンチプレス

素晴らしいポテンシャルをそのまま引き出す金属フィルターでの抽出がおすすめ!

★フレンチプレス抽出レシピは こちら

フレンチプレス

ORIGIN INFO

複雑に甘い、唯一無二のテロワール。エチオピアCOE'2021、ナショナルウィナー!

「ナショナルウィナー(NW)」とは、カップ・オブ・エクセレンス(COE)の国内予選を通過したものの、最終国際審査では惜しくもCOEとして選ばれなかった商品を指します。NWに入賞したロットは、COEとは別に開催される「ナショナルウィナー・オークション」によって販売されます。

Ethiopia(エチオピア)/NW'21 #3 Abdurahman HajiKabato(アブドゥラハマン・ハジカバド)

今回入荷したアブドゥラマン・ハジカバト・サディン氏のコーヒーは、国際審査においてカップスコア87.21点を獲得しました。
COE入賞基準である87点はクリアしたものの、スコア順で33番目となったために惜しくもCOE入賞とはならず、NW3位の栄誉に輝きました。実質、COEに入賞できるレベルと評価を受けた、明確なカップキャラクターを有する、素晴らしいスペシャルティコーヒーと言えます。

Ethiopia(エチオピア)/NW'21 #3 Abdurahman HajiKabato(アブドゥラハマン・ハジカバド)

アブドゥラマン・ハジカバト・サディン氏がコーヒー生産を営むのは、エチオピア南部に位置するオロミア州ウェストアルシゾーン、ナンセボという地域。昨年、THE COFFEESHOPで取り扱った『COE'2020 #23 Fisa Dike Bare』というコーヒーと同じ地域ですので、覚えている方もいらっしゃるかもしれませんね。
このエリアはつい最近まで基本的には『シダモ』という名前でひとくくりにされ、リージョンロットとしての流通が基本でしたが、近年ではより小さな単位(マイクロロット)での取引が行われるようになってきました。
そのため、あまり多くのサンプルをカップしてきたわけではないのですが、個人的な印象としてはスムースな質感、チョコレートのような甘さ、マイルドな酸味の質とスパイシーな風味が感じられることが多いと思っています。

今回ご紹介のロットも、そんなウェストアルシ・ナンセボのテロワールが素晴らしい複雑さとともに現れていると思います。
温度が高いときには柑橘やベリーのようなフルーティさがキラキラと、スムースな質感とともに明るい果実味として感じられます。同時に、甘さを伴ったスパイシーさは、シナモンやクローブのようなブラウンスパイスを思わせる印象です。
温度帯が下がるにつれて、チョコレートやブラウンシュガーのような甘さが顔を出し、フローラルな風味ととろみのある質感で、まるで桃のコンポートのような印象を受けます。
とにかくいろいろなカップコメントが次々と浮かんでくるコーヒーで、どれを商品説明に使おうか迷ってしまいました。これはやはり素晴らしい品質のコーヒーの特徴といえますね。

そんな高いポテンシャルを損なうことなく引き出すために、やはり浅煎りの焙煎度合いに仕上げています。おすすめは金属フィルターを使ってコーヒーオイルごと抽出すること。大きなカップにたっぷりと注いで、時間をかけて風味の変化を味わってみてほしいコーヒーです。

【生産者】アブドゥラマン・ハジカバト・サディン
【地域】オロミア州ウェストアルシ、ナンセボ
【品種】74112
【生産処理】ナチュラル
【受賞歴】COE'2021 National Winner 3位(87.21pts)
popliteusさん(4件) 購入者

非公開 投稿日:2022年07月30日

おすすめ度 おすすめ度(5.0)

YouTubeを見て思わず買ってしまいましたが大正解でした。
エチオピアの華やかさに加え、重層的な味わいも楽しめます。モーツアルトなのに、バッハみたいな感じです。
豆の色もきれいだし、挽く前の香りも良いし、珈琲の色もきれいだし、購入して良かったです。