HOME > 商品一覧 > Brazil(ブラジル)/COE2018#14 Sitio Grota Fria(シティオ グロタフリア)

ブラジルCOE14位、南国を感じる華やかなコーヒー!

Brazil(ブラジル)/COE2018#14 Sitio Grota Fria(シティオ グロタフリア)

Brazil(ブラジル)/COE2018#14 Sitio Grota Fria(シティオ グロタフリア)

おすすめNEW!!
  • ポスト投函OK

100g1,250円(税抜)

[125ポイント進呈]

挽目
グラム数
数量
レビューを書く
POINT10%
  • ※ポイント10%還元 >ポイントについて
  • ※コーヒー豆のみ400gまで 送料一律200円(税別)
  • ※12時までの注文で当日出荷

※200g以上の購入で割引、買えば買うほどお得になります。
(数量は変えず、グラム数を変更してください。)

BEANS INFO

ロースター(焙煎士)コメント

南国のフルーツを思わせる、華やかで甘さのあるフレーバーが特徴的です。

ROAST 焙煎度

焙煎度

中煎り前半。フルーツの風味を活かすような焙煎です。

  

ACIDITY 酸味

酸味

グレープやシトラスのアシディティがあります。

FLAVOR フレーバー

フレーバー

トロピカルフルーツやライチ、グァバ、ナッツのような複雑なフレーバー。
シルクのような質感で、チョコレートのような甘さが長く続きます。

オススメ抽出スタイル:フレンチプレス

上質なフレーバーやアシディティを余すことなくお楽しみいただけます。

★フレンチプレス抽出レシピは こちら

フレンチプレス

ORIGIN INFO

ブラジルCOE14位、南国を感じる華やかなコーヒー!

シティオ・グロタ・フリア農園はミナスジェライスの南西部にあります。
この地域はブラジルの伝統的な生産地として認知され、年間を通して晴れやかな気温と穏やかな気候を兼ね備えています。

農園は標高1,040mに位置し、農場の総生産面積は約9.5ヘクタール。
同農園の歴史は長く、1910年頃、現在農園主のアデミルソン氏の祖先が最初のコーヒーを植えたのが始まりです。
祖父、父親と代々引き継がれてきた農園は、近年スペシャルティコーヒーの生産に力を入れています。

2011年には81.5点を獲得したのち、今回のCOEロットでは収穫した完熟したチェリーを温室での乾燥など、新たな取り組みを行い、見事89.03点を付けるコーヒーへと繋がりました。

一般的にブラジルのコーヒーというと、チョコレートやナッツのような落ち着いた風味が思い起こされますが、今回のロットはトロピカルフルーツやライチ、グァバなど、南国フルーツのフレーバーが印象的です。
明るい酸味で、これまでのブラジルのイメージを一新してくれるコーヒーです。ぜひお試しください!

【生産者】アデミルソン・ノイマン・ボルゲス
【農園】シティオ・グロタ・フリア
【地域】ミナスジュライス/サン・ゴンサーロ・ド・サプカイー市
【標高】1,040m
【品種】ムンドノーボ
【生産処理】ナチュラル